サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

サーファーサイト(SURFERSITE) TOPページ



★サーファーサイトマップ★

◆サーフポイント情報
◆サーフボード
◆ウェットスーツ
◆サーフミュージック
◆その他の小物など
◆豆知識など



Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ウェットスーツの選び方


サーフィンで必要な道具『ウェットスーツ』
ウェットスーツはたくさんの種類があります。
まず最初にどれを買うべきなのか?
それは、自分のホームポイントでいつ始めるかによって違ってきます。
単純に言うと海水の温度によってウェットは変わってきます。


■真夏以外に始める場合


簡単に今日の海水の温度を見てみましょう!
気象庁HP海面の水温などを参考にしたり
サーフショップの店員さんと相談しながら決めたり
実際にホームポイントに出かけて観察するのも良いかも!
でもやはり詳しい人に相談して決めるのが一番ですね、、、

フルスーツを購入する場合、基本はフルオーダーです。
ただ、厚さ3mmのフルスーツは数ヶ所の修正で済むなら既製品でもかまいませんが、、、
サイズが合ってないと動きにくかったり、水の浸入がすごかったりして本来の機能を果たさないこともあります。
5/3mm以上の厚さの場合は必ずフルオーダーですよ!(この厚さの場合はジャストでないと快適にサーフィンできないから)


■真夏に始める場合


真夏に始めるからウェットスーツはいらない。
確かに真夏はウェットスーツはいりません。
でも、『ラッシュガード』はできるだけ着るようにしたほうがいいです。
真夏の日差しはすごいです。
日焼けしすぎて翌日シャツを着るのが大変になってしまいます。
動くたびにシャツにすれて『ヒリヒリ!』って事にならないように!
また、真夏でも朝一や夕方に長くは入っているとけっこう寒くなるときもあります。
ワックスが乳首にすれて乳が痛いっって事になること結構ありますから
夏に裸でサーフィン・・・気持ちいいけど長時間はお薦めできません。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。