サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

サーファーサイト(SURFERSITE) TOPページ



★サーファーサイトマップ★

◆サーフポイント情報
◆サーフボード
◆ウェットスーツ
◆サーフミュージック
◆その他の小物など
◆豆知識など



Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆サーフボードの種類


■ショートボード

ノーズが尖っていて、シャープなアウトラインが特徴的なサーフボードです。
波の上を自由自在にコントロールでき、細かいターンや大きなターン、スピードに乗ったサーフィンができます。
現在の主流は、ボトムにコンケーブ(ボトム面を少し削ることによって、水の流れを良くしスピードを出しやすくする)が施してあり、フィンが3本のトライフィンのもの。
トライフィンは、直進性や乗りやすさに優れている。
サーフボードといえば多くの方がこの形を思い浮かると思います。
大きさ的には6フィート(約180cm)前後のものが多いですね。
ロングボードやファンボードに比べると小さい分浮力が無いので始めてのサーフボードとしてはテイクオフが難しく、若干辛いサーフボードになってしまう場合が多いのですが、非常にクイックにボードが動くので乗れるようになってしまえば派手なアクションが可能です。
メーカーによって金額は様々ですが、オーダーで¥100,000前後くらいがサーフショップなどの相場です。





◆初心者向け サーフボードの選び方


サーフィンを始めるなら、まず大切なのは情報収集ですが、どのようなボードを選びますか?
初心者の人にオススメのボード、それは簡単に言ってしまえばボードの長さが2メートル前後で幅と厚さが十分にあるものです。

まずボードの長さですが、なぜ2メートル前後のものがオススメかというと、短いと波に乗るのが大変だから、、、ただそれだけですよ。
ボードは短ければ短いほど、重心がとりづらく安定感に乏しいため、波に乗ることが難しくなるものです。
サーフィン始めたばかりの初心者はパドル力もないので長めのボードがベストです。

次に、幅や厚さが十分にあるものを選ぶ理由は、浮力がありボードが安定するためです。
ボードに乗ったときに、フラフラしにくく、パドリング(ボードの上で水泳のクロールをして漕いで行くこと)もしやすいですから。
ボードの種類は、ファンボードが一番オススメですね。
ショートボードよりも早く波に対して立つこができるし、ロングボードより動きが軽いからです。
ボードの種類は力次第ですよ、、、

力をつけて波に乗ることができるようになったら、ボードもステップアップして変えていけばいいと思います。
「どうしても先の尖ったボードがイイ!」など希望がある人は、サーフショップの店員さんに相談してみたりある程度乗れる方に相談してみてたらどうでしょうか!
メールでよければ僕のところでも相談にのりますよ!!
当ブログ左サイドバーのメールフォームよりメールくださいね(^^)








◆サーフボード各部の名前


■アウトライン

サーフボード全体の形のことです。

■レングス

ノーズからテールまでの長さのことです。
ボードを注文するとき、この長さをまず決める必要があります。
この長さは、身長・体重を考慮し決められます。



■ノーズ

サーフボードの先端の部分です。
ノーズの幅や厚みを変えることで、動きやスピードなどが変わってきます。



■テール

サーフボードの末端の部分です。
テールには様々な形があり、それによって動きが変わってきます。



■レール

サーフボードの側面の部分です。
レールはターンをする時に水の中に入る大切な部分で、ボキシー(厚いレール)にすれば、水に対する反発力が増し、加速、反応がよくなります。
また反対にテーパー(薄いレール)にすれば、水が反発しにくいので、レールが入りやすく、細かいターンがしやすくなります。




■ワイド

サーフボードの幅のことです。
幅を広くすると浮力が増し安定感が得られ、反対に細くすると素早い切り返しなどが可能になります。




■シックネス

サーフボードの中央部分の厚みのことです。
厚くすれば浮力が増し、よく走ります。
反対に薄くすると浮力がなくなり、スピードが出にくくなります。




■ロッカー

サーフボードの反りのことです。
「ロッカーが強い」と言えば反りが傾斜が強く、「ロッカーが弱い」と言えば、反りの傾斜が弱いことです。




■ボトム

サーフボードの裏(水が流れる部分)のことです。
サーフボードでとても大切な部分です。
ボトムには様々な溝のようなものが施してあります。
その溝には、スピード重視など様々な種類があり、種類によってスピードや回転性(ボードを左右に動かすこと)などが変わってきます。




■ストリンガー

サーフボードの中心に入った木のことです。
強度やボードの変形を防ぐためにあります。
通常のボードには1本だが、ロングボードには3本入ってるものもあり、それにより強度や安定感が増します。



■リーシュカップ

リーシュ(流れ止め)を付ける部分です。
プラスチックの丸いもの(写真)や、ロービング(樹脂+グラスファイバー)でできているタイプがあるが、形が違うだけで使用目的は同じです。



■フィン

サーフボードをコントロールする舵です。
昔のフィンは1本(シングルフィン)だったが、時代とともに変化していき、フィンは2本(ツインフィン)になり、そして今は、3本(トライフィン)のフィンが主流です。
取り外し可能なものが多いです(FCSなど)。





◆サーフボードをオーダーする前に参考として、、、


サーフボードをオーダーする時、どんなところに気をつけていますか?
長さ・幅・厚み・ロッカー(ノーズ・テール)レール、、、


ボードの性能は多くの要素が決め手になります。
バランスがとても大切なので、それぞれがからみあって『マジックボード』はできあがるのです。


サーフボードをオーダーする時にそれぞれの役割をしっかり認識することでより理想のマジックボードに近づいていきます。


サーフボードは『ロッカー』だけでも『アウトライン』だけでもなく、トータルバランスです。


しっかり基本を理解してオーダーしてみては、、、


初めてオーダーする方はゆっくり読んでくださいね。


「知ってるよ」というかたは再確認を!!


■長さについて


<長い板>
直進性が優れる
テイクオフが早くなる
回転の半径がでかい
ビギナー向け
デカイ波向け

<短い板>
ターンの半径が小さくなる
小回りが効く
中上級者向け
小波向け


■幅について・・・

幅は浮力や安定性・回転性に影響を与える

<広い>
安定感がでる
回転性が落ちる

<狭い>
不安定である
回転性が高い

最大幅が、ノーズ側かテール側かにもよって違いがでてくる。

<最大幅がノーズ>
ターンが長くなる。大きな波に向いている。

<最大幅が中央>
ターンは長くも、短くもなる

<最大幅がテール> 短いクイックターンが可能になる。


■ロッカーについて

ロッカーはサーフボードの性能を決める最も重要な部分です。
だからといってそれがすべてではないです
あくまでもトータルバランスです!

<ノーズロッカー>
テイクオフ時にパーリングすることを防ぐ(掘れた波に向いている)

<テールロッカー>
回転性を良くする

<強めのロッカー>

・メリット
回転性に優れる
小さな半径のターンがしやすい
パーリングしにくい

・デメリット
安定感にかける
パドリングしにくくなる
テイクオフが遅くなる

<弱いロッカー>

・メリット
パドリングしやすい
テイクオフが早い

・デメリット
パーリングしやすい
回転性が劣る

※短いサーフボードはロッカーは弱めでOK
※スタンスによってもロッカーの強弱は変える必要があります


■厚みについて

厚みは浮力に影響を与えます。

<ノーズ付近が厚い>
パドリングがしやすい
テイクオフが早い
早いターンがしにくい

<中央付近が厚い(ノーズ・テールが薄い)>
上級者向け
不安定
動かしやすい

<テール側が厚い>
小波向け
パドリングしやすい
テイクオフしやすい


■レールについて

<厚め>

・ メリット
浮力が大きいためスピードがつけやすい
しっかりとした体重移動の練習が出来る
初心者向け

・デメリット
レールを食い込ませるターンがしにくい
半径の小さなターンがしにくい

<薄め>

・メリット
レールを波に食い込みやすい
ターンしやすい

・デメリット
スピードをつけにくい
安定感にかける


※中級レベルでもたまには、初心に帰って厚めのレールのボードに乗ってみて確認を!
そして、しっかりとした体重移動を思い出すことが大切です。


■アウトラインについて

<細長い感じの板>
大きなターンをする場合や大きな波のときに向いています
<丸っこい感じの板>
回転性に優れます。
小さい波やクイックネスを求めるサーファーに向いています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。