サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


◆タスマニア


タスマニアには素晴らしいポイントが点在するが、ポイントによっては全く波の立たない時期があったり、6~8月の冬はサーフィンするにはあまりにも寒かったりと1年中サーフィンを楽しむことはできません。
西部では南インド洋からの超ヘビー級の波が押し寄せるが、南緯40度線に沿って平行に吹く“ロアリング・フォーティーズ”と呼ばれる暴風がオンショアとなるため、サーフィン不可能なコンディションになります。
夏のほんの短い期間に限られるが、高気圧がタスマニアにかかるように下がってきた時は風がオフショアとなる上、ウネリもそこそこあるので、少なくともビーチのポイントではサーフィン可能になります。
冬に強い北西からの風によりサイズアップした時はエクセレントなリーフブレイクがみられることもあります。
ほとんどの海岸線はアクセス不可能で、世界でも特に人の足が踏み入ったことのない厳しい自然が残るため、サーフィンできるエリアは限られています。
加えて、北西部はほぼ1年を通じてフラットの状態が続いてしまいます。
気候は温暖で、白い砂浜が続き、ロックが点在するために、ウネリが入ってきた時にはグッドウエイブが姿を表します。
南部はタスマニアの中でもっともコンスタントにサーフィンできるエリアであり、たいてい波はあるので、そこまで足を伸ばすのが苦でないなら行くだけの価値はあります。
ホバートから遠くないポイントはサーフィン人口も多く、ハイサーフエリアです。
タスマニアはインド洋、タスマン海、そして時には南太平洋からもウネリを拾うため、時間帯によって波のコンディションは急激に変化します。

☆メモ

海岸沿いには宿泊施設があまりなく、ビーチに行くまでの交通手段も限られているので、グループでキャンピングカーを利用するのがよいでしょう。
5~6人で借りれば、オーストラリアドルで1人1週間100~150ドル程度です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。