サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<静波・御前崎エリア>


■静波・女神前

駿河湾の西端、御前崎の北に位置する静波エリアは数多くのコンテスト会場ともなるメジャーエリアです。
ビーチ中央に設置された自由の女神像が目印です。
比較的地形が安定しているが、真東からのウネリは伊豆半島にブロックされて届きにくく、南ウネリに反応します。
梅雨時はあまりよくないが、基本的には春~秋がシーズンです。


■静波・堤防横

女神前Pの右側、勝間田川左の堤防に至るビーチ。
波質は女神前Pと同様だが堤防のお陰で南よりの風をかわせるためよりコンスタントにサーフ可能で、周辺のメインブレイクとなっています。
夏季の日中には海水浴エリアの規制が入ります


■片浜

静波から約1.5km南にあります。
一般的に静波よりも1~2サイズ小さいことが多いのを除けば、波の立つ条件はそれほど変りません。
比較的サーファーが少ないものの、近年は一部の心無いビジターによるゴミ問題が深刻化、地元住民からは「サーフィン全面的禁止」という声まで上がっています。
マナーは厳守してください。


■御前崎・メイン   

駿河湾と遠州灘との境にあたる御前崎には、その南岸(遠州灘側)を中心にサーフポイントが点在しています。
御前崎灯台から西へ約2kmあたりがメインPです。
台風の南ウネリにいち早く反応するため近隣エリアの指標になっています。
西風でジャンクになりやすいが、サイズが上がるとカレントが強まるので要注意です!!


■御前崎・坂下   

メインPから海沿いの道を西に進み長い上り坂にさしかかるその手前にあるポイント。
波質や波の立つ条件はメインP・メロンPと同様で、南ウネリがベストです。
西よりの風に弱く、冬場の季節風によってジャンクコンディションが続きがちです。
またサイズが上がるとカレントが強まるので要注意です。


■尾高    

坂下Pよりもさらに西側のポイントです。
テイクオフポジションがリーフのポイントブレイクでピークが限られるため、中級者以上の技量が必要でビギナーには向きません。
御前崎全般に言えることですが、ウィンドサーフィンのメッカでもあるため風が強まればウィンドサーファーも集結します!接触事故に要注意です!


■御前崎・シークレット

サイズが上がるとカレントが強まるので注意が必要です。
また大潮の満潮時にはビーチのテトラやリーフが水没し見えなくなるためインサイドで怪我をする事も多いので注意が必要です。


■須々木

片浜Pからさらに2kmほど南下します。
波の立つ条件は静波・片浜とほぼ同様だが、テトラ周辺にサンドバーができたときには潮の干満だけで波が立つこともあります
ここでもゴミ問題が深刻化しているので、常にサーファーのモラルが問われていることを意識して行動してください。


■御前崎・メロン下  

メインPの左側、大きなメロンのように見える航空自衛隊のレーダーが目印です。
御前崎全般に言えることだが、ウネリは南ウネリがベストで東よりにシフトするにつれややダンパー気味の波質に変化します。
冬場の西風でジャンクになりやすいが、サイズが上がるとカレントが強まるので注意が必要です!!


■御前崎・ペンション

尾高Pからさらに1.5kmほど西、「ペンション御前崎」跡地の前あたり。
近年はメインよりも地形が決まることが多く、さらに西にあるシャークP同様に注目を集めています。
ただしサイズが上がるとカレントが強まるので注意が必要です。


■御前崎・シャーク  

メインよりも地形が決まることが多くペンション前同様に注目を集めています。
但しサイズが上がるとカレントが強まるので注意が必要です。


■吉田港   

東名高速・吉田ICからは約5km、大井川河口からは西に約1.5kmにある吉田港の右側のポイントです。
静波と同じく駿河湾に面するがより奥に位置するため、東ウネリを伊豆半島にブロックされてサイズは比較的小さいです。
その他のPがクローズ時には狙い目です。


<磐田・浜松エリア>


■舞阪・メイン

東名高速・浜松西ICより約14km、海岸を走る国道1号線・浜名バイパスの浜名大橋(浜名湖の南端にかかる橋)の東側付近の海岸です。
右に突き出た堤防のお陰で比較的地形が安定し、また西風の影響も受けにくいです。
ハイクオリティなレギュラーブレイクが特徴ですが、ローカル色がとても強いのでビジターはマナーに注意しましょう。


■舞阪・灯台前

舞阪・メインPから東に1kmほど移動した、バイパスの山側に舞阪灯台がある前あたりにあります。
メインPに比べるとイージーなブレイクでファンウェイブが期待できますが、ウィンドサーファーも多いため接触事故などには充分注意してください。


■新居   

舞阪・メインPから浜名大橋を挟んで西側のビーチ。
浜名湖からの流れ込み具合で極端に強いカレントが発生することがあり充分な注意が必要です。


■潮見坂・トイレ前

大倉戸Pの右側へ500mほど移動し、海岸に公共のトイレの建物があるあたりです。
大倉戸Pと同様、ビギナーから楽しめるビーチブレイクですが、フラットに近い海岸線と遠州灘特有の速い潮流で地形が変わりやすく、ベストポイントも移動しやすいです。


■同笠

福田漁港の東約2km。遠浅な地形をしているためにトロ厚いブレイクが特徴です。
特定の駐車スペースが無いが、迷惑駐車は厳禁です!
なお、毎月第一日曜日にはビーチクリーンが行われていますので、ビジターや初心者も歓迎されるはずなので、是非参加してください(雨天中止)


■鮫島

西浜Pのさらに西、ゴルフ場の前あたりにあるポイントです。
普段はビギナーから楽しめるビーチブレイクだが、波にパワーがあるのでサイズが上がると中級者以上のテクニックが必須となります。


■駒場

鮫島Pの西側。近年護岸工事が行われたことが影響して以前よりもパワフルなブレイクが現れるようになったと言われています。
また西からの天竜川の流れも入って潮の満ち引きにともなうカレントがきつくなるため、サイズが無くともビギナーには向きません。


■中田島・凧場

東名高速・浜松ICから約11km。観光名所でもある中田島砂丘のビーチ。
サンドバーの位置が動きやすく風の影響を受けやすいので、マメなチェックと朝一・夕方のサーフィンがオススメです。
「浜松まつり」の大凧上げのメイン会場となることから、地元では「凧場」と呼ばれている。
駐車場から少し歩くが路上駐車は厳禁!!


■一条

中田島・凧場から西へ約4km、一条工務店の看板が目印です。
ビーチブレイクなので基本的にはレベルを問わず楽しめますが、サイズが上がるとホレ上がる波となり、ビギナーにはハードになるので要注意です!!


■大倉戸

浜名バイパス・大倉戸ICの前あたり。初心者から楽しめるイージーなビーチブレイク中心で、
舞阪周辺に比べればビジターにもオープンな雰囲気だが、フラットに近い海岸線と遠州灘特有の速い潮流のために地形は変わりやすくベストポイントも移動しやすいです。


■豊浜

東名高速・袋井ICから約10km、福田漁港の左側のビーチ。
漁港の堤防から左に300mほどのところにも沖に突き出た堤防(新堤)があり、これら二つの堤防の間がメインブレイクです。
漁港の堤防脇と新堤左は南西風をかわし、新堤右は南東風をかわします。


■西浜

R150から太田川西岸を河口方面に進むこと約1km。福田漁港の西側にあたる。
ビギナーから楽しめるビーチブレイクだが、波質はサンドバー次第で変化しやすいです。
比較的コンスタントに波はあります。


■潮見坂・県境

潮見坂・トイレ前Pからさらに西へ1km移動し、道の駅を過ぎてさらに海岸沿いを進んだあたり。
大倉戸Pやトイレ前Pと同様にフラットに近い海岸線と遠州灘特有の速い潮流のため地形が変わりやすいという特徴を持っています。
駐車スペースが狭いのでマナーに気をつけ、また車上荒らしにも注意してください。



サーファーサイトTOPページへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/02/18(土) 10:53 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。