サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<東伊豆・白浜エリア>


■白浜

伊豆エリアの表玄関とも言える最もメジャーなビーチです。
美しい景観を作る白砂はしかし軽く動きやすいため、地形の変化が早いです。
ブレイクはややトロ速めというか独特の癖があり、タイミングを合わせるのに苦労することも。
リゾート地だけに夏季には海水浴規制があります。


■白浜・神社前   

軽く動きやすい白砂のビーチでブレイクは砂の付き方に大きく左右され変わりやすいです。
夏場は海水浴場としても有名で混雑は必至です!


■白浜・レステル前   

軽く動きやすい白砂のビーチでブレイクは砂の付き方に大きく左右され変わりやすいです。
夏場は海水浴場としても有名で混雑は必至です!


<吉佐美・南伊豆エリア>


■多々戸

吉佐美エリア東端を少し海側に入ったところにあるポイントです。
適度にホレたファンウェイブから上級者好みのロングショルダーの三角波やチューブまで、コンスタントな波が期待できる。
伊豆エリアで唯一、北東風をかわすために人気が高いが、キャパシティはそれほど大きくないので混雑時のルール&マナーには注意してください。


■入田浜

多々戸浜から見て右側の小さな岬を挟んだ反対側に位置するポイントです。
中央の大きなリーフで比較的にウネリを抑えるビギナー向けの右側と、サンドバー次第でホローな波が楽しめる左側とに二分されています。


■大浜

入田浜からさらに南西に位置するポイントです。
ドン深でダンパー気味なことが多いが地形が決まればこのエリアのビーチでは最もパワフルと言われるブレイクが姿を現します。


■舞磯   

大浜の左奥の一部リーフ混じりになっているところです。
さらに左には小さな河口があるため、潮の満干だけでなく川の流れ込み方次第でコンディションが大きく変化します。



サーファーサイトTOPページへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。