サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆ヤップ



グアムから飛行機で1時間程の所にあるアメリカ領の島で、サーフキャンプができ始めたことで注目を浴びています。
一般的にオフシーズンは6~9月初旬頃の雨期で、どこのポイントも風・雨共に強く、うねりもまとまらずにグッドコンディションとなる日は少ないです。
4~5月と9月中旬~11月は、西側のポイントはうねりが弱く、サイズがさほど上がらないため物足りないコンディションとなるが、逆に東側のポイントにとってはメインシーズンです。
平均でアタマ~ダブル近くのサイズがあり、風が弱く面も整うので、比較的コンスタントにサーフィンを楽しめます。
特にマンソウルとマルツウルライトは東側の中でもサイズが大きめであるにもかかわらず、グーフィー、レギュラーともにメローなイージーブレイクなので、日本人でも充分楽しめるポイントです。
西側のメインシーズンは11~3月で、各ポイントとも6~10フィートのビッグスウェルが期待できます。
ただし、時にノースショア級のビッグスウェルがヒットすることもある上、ホローなアウトサイドのリーフブレイクがほとんどなので、エキスパートオンリーのサーフィンとなることが多いです。
全体的にコンディションは潮の干満に大きく左右されるので、タイドチェックは不可欠です。
ポイントへのアクセスはボートに限られているが、干潮時にはそのボートを出すことができなくなます。



☆メモ

ヤップ島には自然がたくさん残されていて、文明から隔離された生活を垣間見ることができます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。