サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



■ウエストサイド(マカハサイド)


夏の南ウネリ、冬の北ウネリ、そして西ウネリと1年を通して幅広くウネリをキャッチするが、ベストは西ウネリです。
代表的なポイントは、マカハ、マイリ、トラックスなどで、いずれもロック、リーフのポイントです。
冬は、ノースショアのサイズが大き過ぎる時でもマカハは1~2サイズ小さくなるので、日本人にとってサーフィンできるチャンスはノースショアより多いです。
トラックスはジャパニーズサーファーやBBもよくサーフするポイントで、ラインナップも岸から近く、ウエストサイドでの入門的ポイントです。
しかしローカルが多く、混雑は避けられません。
ウエストサイドは最近さらに治安が悪くなっており、コンビニに入る時でさえも注意は必要です。
車が盗まれることもあるので気をつけてください。


●マカハ

3~30フィートまでサーフィン可能なポイントです。
南、北西、そして北とあらゆる方向からウネリをキャッチし、冬・夏共にサーフィンは可能となっていますが、どちらかというと冬の北よりの方がグッドコンディションとなりやすいです。
波はクラシカルなレギュラーが特徴です。
しかし、ここはかなりローカリズムが強く、パーキングでも盗難が多発しているので、それなりの覚悟と対策が必要です。


●マイリ

強烈な南~南西のウネリが届いた時にベストとなるグーフィーのポイントで、ロングショルダーが楽しめます。
また、ノースショアのほとんどのポイントがクローズアウトとなるような西からのウネリでもグッドコンディションとなります。
アウトが遠いのでロングパドルでゲットしなければなりませんが、、、
ここでも車上荒しは深刻な問題となっています。


●トラックス

発電所の前でブレイクをみせるリーフ混じりのポイントです。
冬の西、もしくは北のウネリがベストで、コンディションが整えばエクセレントブレイクとなります。
ブレイクポイントは岸から近いのでビギナーから楽しめるポイントですね。
ただし混雑は避けられません。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。