サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆カウアイ島



カウアイ島はハワイ諸島の他の島と比べてもメローなことが特徴です。
そしてサーファーの数も少ないが、その分、この環境を守ろうとローカリズムが強いです。
マナーを守りフレンドリーに接するのが基本です。
カウアイ島のイーストコーストはアウトリーフでのブレイクがほとんどです。
朝早くに吹く貿易風やコナウインドをオフショアし、そんな時はコンディションが整う場合が多いです。
ウエストコーストでの冬のブレイクは、サイズも大きくハードで、しかも強いカレントを伴ます。
エキスパートオンリーのエリアです。
サウスコーストの夏のウネリはオアフ島のアラモアナのそれと似ており、メインに吹く北からの風をオフショアとするため、コンディションが整いやすいです。
日本人サーファーでも楽しむ余地は充分にあります。
冬のノースコーストの平均サイズは6~8フィートだが、20フィートオーバーになることもあります。
ノースコーストでも西側の方は急な崖があるなどアクセスが困難なために、まだまだ未開のポイントやシークレットのポイントが多く存在しています。
この島には多くの自然とサーフポイントが残っており、そのメローな雰囲気にリズムを合わせながらサーフィンをエンジョイするのが良いでしょう。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。