サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆マウイ島



冬のシーズンは、オアフ島のノースショアと同様に北~北西ウネリが、マウイの北を向いたポイントに届きます。
アラスカで発生した前線は北東を向いたポイントにウネリをもたらします。
夏はタヒチやニュージーランドでできたストームからの南ウネリを拾います。
この島がハワイ諸島のちょうど中間あたりに位置しているということから、ウネリがダイレクトに届かず、他の島に1回ブロックされてからウネリが届きます。
そのために、他の島のポイントよりも1~2サイズ波が小さいということが多いです。
パイプラインやサンセットが6~10フィートもあるのにマウイのホノルアベイでは3~5フィートしかない、ということも珍しくないです。
確かに波がないという日もあるが、ノースショアが無理だという日本人サーファーでもサーフィンを楽しめる日があるということですね。
また、南東のウネリはハワイ島によりブロックされることも多いです。
近年はメキシコからのハリケーンがハワイ諸島の南を通ることがあるため、ここマウイ島にも豊富な南よりのウネリをもたらすこともあります。
基本的に他の島と同様、ここでは夏の南ウネリよりも冬の北ウネリの方がパワフルでサイズも大きく、コンスタントにあります。
ブレイクはウネリの方向により変わり、ビーチ、リーフとバリエーション豊かだが、オアフよりもリーフのポイントが少ないのも最大の特徴です。
ここで有名なポイントといえばホノルアベイで、2~20フィートまでホールドするビッグウエイブスポットです。
ただし、混雑が激しいので覚悟は必要です。
他にハーバーズ、ブレイクウォールもポピュラーです。
ここはどちらも夏のシーズンがメインだが、冬にもサーフィンを楽しむことができます。
全体的にいえることは、オアフ島よりもメローで、のんびりとサーフィンするには最適のエリアです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。