サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆ウルグアイ



ウルグアイでもモンテビデオエリアでは全く波が立たず、アトランティダからプンタ・デル・エステまでの85kmに及ぶエリアもほとんど波が立ちません。
しかしプンタ・デル・エステを過ぎたあたりから大西洋からの南ウネリが入りだし、サーフィン可能なコンディションです。
波の平均サイズは2~4フィートで、ストームなどが近づいた時にはサイズアップします。
12~3月の夏の間、11:00以降は風が入ってしまい、コンディションが乱されてしまうことが多いです。
ベストシーズンは4~6月の秋で、南よりから北よりに風が変わり、南ウネリを伴ってコンディションが整うことが多いです。
6~8月の冬の期間もなかなかのブレイクをみせ、混雑とは無縁にサーフィンを楽しめるが、そのかわり気温も水温もかなり低くなってしまいます。
9~11月の春のシーズンの波はバリエーションに富んでいるが、一般的にウインディーなコンディションとなる事が多いです。
夏の間は1年のうちで最もコンディションが悪くなる時期であり、最もビーチが混みあう時期でもあるが、秋から春にかけてのシーズンは、低気圧や寒冷前線からの南ウネリを拾います。
ウルグアイのポイントに関しては、ビーチブレイクがほとんどで、日本のビーチブレイクとよく似たコンディションが多いので日本人でも充分OKです。
中には、リバーマウスや玉石のポイントも存在します。
ウルグアイにはまだまだ未開のポイントが残されています。




☆メモ
レンタカーや乗り合いバスなどがあるので、移動は比較的簡単にできます。
食べ物はお米などもあるので、日本人でも大丈夫です。
お金持ちの国なので、ブラジルの豊かな人がトリップに来るが全体数は少なく、1つのビーチがかなり広いので波は余っています。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。