サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆バルバドス


バルバドスの中でも東海岸は大西洋からのウネリをキャッチするため、島の中で最もコンスタントに波が立つエリアです。
南風が吹き北東ウネリが入り込む夏がベスト
西海岸は12~3月に届く北からのウネリで週に1回ほどブレイクをみせ、特に北大西洋に勢力の強い低気圧が停滞した時にウネリが入ることが多いです。
そしてその西海岸はブレイクするとエクセレントなコンディションとなり、北へ行けば行くほどサイズアップするという特徴を持ちます。
南海岸は夏の間、ストームによるブレイクを稀にみせることがあるが、メインは冬の期間です。
冬の期間は西海岸よりもコンスタントに波があります。
全体的には東もしくは北東の風が吹くことが多く、その方向からの風が南海岸と西海岸ではオフショアとなり、面が整います。
通常、夏~初秋に吹く南と南西の風は東海岸のバスシェバではパーフェクトな風となります。
アフターリーフのポイントも数に入れるとバルバドスにはかなり多くのポイントが存在し、特にサムローズ・キャッスルの近くの南東の海岸沖にはポイントが点在しています。
それらのポイントは当然ながらボートのみでのアクセスとなるが、通常のポイントであればレンタカーでも充分です。
南海岸のオイスチン湾エリアがフラットだったら、北海岸のダッピー、もしくは東海岸のバスシェバに向かってください。
バルバドスは長くフラットのコンディションが続くことがあり、特に強いオフショアとなる貿易風の影響でシルバーサンドからバッツロックにかかる南海岸ではその傾向が強いので、そこへ向かうのであれば、12~3月の比較的波のある時期であっても覚悟はしておいた方がよいでしょう。




☆メモ
観光が主な収入源であるため、物価は高いです。
アメリカドルは普通に使えます。
英語が公用語ではあるが、なまりがあるために英語が達者な人でも聞き取りづらいです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。