サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆ドミニカ


ドミニカ共和国の中でも北海岸が最も波があり、11~3月の期間はサイズも大きいです。
北大西洋プエルトリコ沖の勢力の強い低気圧がビッウエイブをもたらし、島の北側は冬の間コンスタントに波はあるのだが、時にサイズが12~15フィートにまで達し、ビッグウエイブとなり過ぎることもあります。
多くのポイントはサーフィン未開の地で、まだまだ開拓の余地は残されています。
主な風は北東からのもので、冬の間は特に強く吹きつけ、オンショアコンディションとなる事も多いです。
6~10月のハリケーンシーズンには南の海岸にエクセレントなウネリが、、、
ドミニカ共和国でのサーフィンには車が必需品です。
リーフやロックのエリアにはウニがびっしりと生息しており、ゲッティングアウトする前には充分な観察と注意が必要です。
北と南の両岸とも風の弱い朝イチのサーフィンがベストとなるが、エンクエントロからソスア湾にかける地域では1日中オフショアが吹き、コンディションが整うことが多いです。




☆メモ
マラリアにかかる危険性があるので、出発前に予防接種をしておいた方が良いでしょう。
中古のボードが、だいたい$200~250で地元のサーファーに売れます。
リーフブーツと日焼け止めは持参してください



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。