サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆コスタリカ


ショルダーの張ったクリーンな波に代表されるビーチブレイクがコスタリカ全体の特徴です。
サーフィンは主にカリブ海側と太平洋側に分かれます。
カリブ海側ではポイントによりコーラルリーフを伴ったエクセレントウエイブが楽しめます。
波は主に東よりの貿易風と、北米大陸から南下してきた冬の強い寒冷前線によってもたらされ、クリーンなオフショアコンディションとなることが多い午前中が狙い目です。
東よりの貿易風は1年を通じて吹き、特に冬には強くなるケースが多いです。
ウネリ自体はクラシカルなグランドスウェルとはいえないが、ブレイクはパワフルで、オフシーズンといえる夏場でも、ハリケーンや熱帯性ストームがカリブ海に入ればビッグウエイブがブレイクします。
当たり外れが大きいものの、ビッグウエイブポイントも多いのが特徴です。
一方太平洋側は、基本的に夏は南ウネリ、冬は西もしくは北西ウネリとなるが、冬場のオフシーズンでも南ウネリが届くこともあります。
地域ごとのベストシーズンを挙げると、太平洋側北部のグアナカステは11~3月(ただし風がオフショアとなるのは乾季のみ)、太平洋側中央部のプンタレナス、ジャコ、クエポスといったエリアは5~10月の雨季、南部のオサ、ペニンシュラ、パヴォノスといったエリアは5~10月、カリブ海側は12~2月となっています。
カリブ海側、太平洋側ともに水温は高く、ウエットは不要です。
潮の流れはきつく、毎年多くの犠牲者を出すほどなので注意は必要ですね。
コースライン沿いのジャングルを抜けると未開のポイントが無数に存在します。
初心者からOKのビーチブレイクやエキスパート向けのリーフブレイクまで何でもありなので、レベルに応じてポイントセレクトするのが良いでしょう。



☆メモ
波は中南米でも良いほうです。
ただ波が大きくなる時もあるので、長い板は必要となります。
食事は魚料理中心
物価は日本の1/10くらい
太平洋側はリゾート化されていてホテルも多く、家族連れはきついがカップルくらいならOKです。
カリブ海側は治安が悪いので注意が必要です。
ワニなどが道にいることもある。蚊は、夕方涼しくなると大量発生します。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。