サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆香港


11~3月の冬の季節風が吹くシーズンは、グッドウエイブが立つ確率が高いです。
季節風は日本でいうところの西高東低の気圧配置の時、中国大陸にかかる勢力の強い高気圧から吹き込む北東よりの冷たいオフショアとなり、時には6フィート以上のウネリと相まってグッドコンディションとなることもあります。
波質は風向きとビーチの砂の着き具合できまります。
風が北に寄りすぎるとオフショアによりウネリは消されてしまい、東に寄りすぎるとストレートなオンショアとなります。
8~10月の台風のシーズンにもウネリは届きます。
一般的な台風の進路は、通常太平洋の西からフィリピンを通り、それから南シナ海に進むか、台湾の脇を通り過ぎて日本に進む形となるが、香港に台風スウェルを届けるパターンとしては南シナ海に進む形がベストです。
時には10フィートまで上がるが、台風が香港に近づきすぎるとコンディションは途端に悪くなってしまいます。
台風スウェルによりブレイクするメジャーなポイントに、ビーチブレイクの大波湾があります。
ここは空港から車で3時間半の所に位置し、主に9月頃に4フィートくらいのパーフェクトなビッグウエイブがブレイク!
香港は、台風シーズン以外の季節も含めて基本的にはサーフィンできるだけの波が比較的あるし、混雑も見られないのですが、4~7月は風波となりサイズが小さい上に、海水浴客でビーチが混みあってしまうため、1年の中で最もサーフィンに向かない季節となります。
フレンドリーなローカルとともに、中国本土のシークレットスポットをチェックしてみてはどうでしょう。

☆メモ
どの季節も湿度が80%以上になっているので、そんなに着込まなくてOKです。
アフターサーフィンなど、夜は賑やかなので、けっこう楽しめます。
町中は物売りが多く、断るのが大変です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。