サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆ジャワ島


ジャカルタから車で4時間ほどの所にあるのがウエスタンジャワと呼ばれるエリアです。
ポイントの向きがバリ島のクタサイドと同じになっているので、波は乾季の方が良くなります。
ウネリが特に大きくなるのは6~8月
メインとなるチマジャは玉石のポイントで、ウネリが大きくなる時期でもそれほどサイズアップせず、ブレイクもイージーです。
バリ島のチャングーのような波で乗りやすいが、4フィート以上になるとワイドになってしまいます。
そんな時は、すぐ近くのインディケーターがアタマくらいでサーフ可能となっていることがあるのでチェックしたほうが良いでしょう。
シャローなハードブレイクとなるので注意は必要ですが、、、
また、オンバックトゥジュ(7つの波という意味)というポイントもあるが、ここは10フィートを超える波がブレイクすることもあるので、中級者以上でサーフィン可能です。
ウエスタンジャワは宿泊施設のコテージがそれほど多くない上、水洗トイレはここ数年で設置されたが、シャワーは水のみで出が悪かったりと設備はあまり整っていないです。
その分ローカルもビジターも少なく海の混雑は避けられるが、政情が悪いため、ほとんどの旅行会社がツアーを組んでいないのが現状です。
ジャワ島の東には、過去WCTのイベントが行われ、世界的にも有名なスーパーグーフィーのポイント、通称Gランドと呼ばれるグラジガン島があります。
ホレあがり速いハードな波が特徴なので、エキスパートオンリーのポイントです。
ロータイドでもハイタイドでもサーフ可能だが、ロータイドの時間帯はリーフの上をかなりの距離歩かなくてはならないため、リーフブーツは必需品です。
波はバリ島のウルワツを目安にすると良いでしょう。
というのは、ポイントの向き・風共にウルワツとほぼ同じで、サイズはウルワツよりちょうどワンサイズくらい大きくなることが多いからです。
コンディションは、ウネリの向きにもよるが、6~8フィートのビッグウエイブの時がきれいなチューブになりやすいです。
時期的には北東~東の季節風をオフショアとする4~10月の乾季のみ。
中でも最もウネリが大きくなるのは6~8月。
11~3月の雨季は風も悪く、宿泊施設であるキャンプもクローズとなります。
基本的にビッグスウエイブのポイントだが、フラットになる日もあり、サーフィンのできない日には釣りとシュノーケリングくらいしかできないので、ほぼサーフィンオンリーのエリアです。
すぐ近くにビーチブレイクのポイントもあるが、森をぬけなければならない上、どう猛な野生動物が出るという噂もあります。
アクセスは、車とフェリーなどを利用して約半日かかります。
ここで問題となるのがマラリアですが、出発前には予防注射をしたほうが良いです。
キャンプスタイルなので、蚊に刺されないためにも長袖・長ズボンで寝ることをおすすめします。
生水はもちろん飲めないので注意してください。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。