サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェストサイド

●クタ・ハーフウェイ・レギアン

ビギナーからサーフィン可能なこのエリアは全てビーチブレイクで、波の質はサンドバーに左右されます。
全体的にレギュラー、グ-フィーどちらもイージーな波で、ショルダーの張ったグッドウエイブが立つことも多い。
クタビーチはコンスタントに波は立つが、ワイドな波が多く風の影響も受けやすいです。
地形さえ決まればチューブも巻くこともある。
ハーフウェイは比較的地形が決まりやすく、コンディションが整うことが多いため、サーファーも集中しています。
レギアンの方がハーフウェイより1サイズ大きいが、ダンパー気味になることが多いです。
そしてこの辺のビーチブレイクは、一般的に満潮の時の方がコンディションが良くなります。
クタ、レギアンのコテージに宿泊すれば徒歩でアクセスできます。

●クタリーフ・エアポートリーフ

クタリーフはクタビーチ側のアウトサイドリーフのポイントで、エアポートリーフはそれよりさらに空港よりのアウターリーフのポイント
どちらもグーフィーのポイントブレイクで、風とウネリがマッチすればロングライディングできるマシンブレイクです。
空港の逆側にレギュラーのポイントがあるが、比較的浅いので注意が必要です。
ロングパドリングによるゲットもOKだが、カヌーをチャーターしアクセスするのが一般的です。
クタリーフはクタビーチのアウターリーフなので、ビーチがクローズしたらチェックしてください。
4~6フィートがベストだが、8フィートくらいまではサーフィン可能です。
一方、エアポートリーフも8フィートくらいまでサーフィンが楽しめ、テイクオフからチューブ、そしてきれいなショルダーがその後に続くが、クタリーフまでつながっているようなワイドなウネリが入ったり、潮が引きすぎている時はピークだけホレ上がってショルダーの張らない波になってしまいます。


●チャングー

レギアンロードを北に上り、信号を左に曲がった所に位置するリーフブレイクです。
岸から近く、レギュラー、グーフィー共にロングライド可能で、日本人や外人サーファー(オージー)を含め多くのサーファーが集まるポピュラーなポイントです。
グーフィーの多いウエストサイドでは数少ないレギュラーウエイブがあることも人気の理由だが、コンディションが良い日はバリニーズも含めたハイレベルなサーフセッションとなることも多いので、朝イチもしくは夕方を狙うのがベストです。
通常はリーフの上に砂がのっているが、潮の加減によっては岩が出てくることもあるので注意が必要です。
潮が引きすぎている時はサーフィンしない方が良いでしょう。
さらに、レギュラー側はウニが多いのでこちらにも注意して下さい。

●ウルワツ・パダンパダン・ビンギン

世界的にも有名なスーパーグーフィーのビッグウエイブポイントがウルワツです。
ウルワツからパダンパダン、ビンギンと、南からのウネリは次々とグーフィーオンリーのパーフェクトウエイブをもたらし、日本ではなかなか味わえないようなブレイクで我々を楽しませてくれます。
ウルワツはテンプル、センター、コーナーといくつか細かくポイントが分かれるが、センターとコーナーがポピュラーです。
基本的にはチューブも楽しめる典型的なポイントブレイクだが、潮が引いているときは浅くて危険です。
ただし、潮が上げているときはカレントが強くなってしまうため、カレントを計算してパドルバックしてください。
コーナーは干潮時でもサーフィンできるがそのホレ方はハードで、シャローなリーフで怪我をするサーファーは多いです。
上級者以上のポイントです。
パダンパダンは、ウルワツが8フィートオーバーになると本領を発揮するスーパーハードなロングバレルのポイントです。
チューブで潰されると下のリーフにヒットしケガをする可能性が高いので、ここでサーフィンする時は細心の注意が必要です。
さらにロングライドするとインサイドがかなり浅いために危険!
パダンのさらに北側に位置するビンギンは7フィートまでサーフィン可能なグーフィーオンリーのポイントで、ここもとてもシャローなため、サーフする時はリーフに気を使わなければならない。
全体的にこのエリアは上級者向けです。
道が鋪装されアクセスが容易となったため、最近は混雑していることが多くなりました。

●マデウィ・バリアン

クタから車で2時間近くもかかるので、朝イチから行くか、ポイントの目の前のコテージを利用して泊まりがけで行くのがベストです。
ここはグーフィーオンリーのポイントだが、ハードなグーフィーウエイブが多いバリの中にあって、イージーでメローなロングライドできる波となっているので、日本人にはかなり乗りやすくビギナーでも楽しめます。
ただし、ボトムは玉石でインサイドにはフジツボが多く、足を切りやすいので注意は必要です。
メローではあるが、満潮時の方がブレイクはまとまりやすいです。
少し手前には河口に位置するバリアンがあり、レギュラー・グーフィー共にライド可能なブレイクがあります。
加えて、周辺にもサーフ可能なブレイクが点在しています。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。