サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆バリ

インド洋に浮かぶ赤道直下の島
数々の島から形成されるインドネシアの中でも特に豊富な波とハイクオリティーなパワフルブレイクで知られ、世界に誇るアジアのサーフアイランドです。
1年を通じて波がありサーフィンを楽しめるが、サイズが1番上がる時期は6~8月です。
大別して4~10月頃の乾季と11~3月頃の雨季の2つのシーズンに分かれ、その季節によってサーフするエリア、クオリティーが変わります。
北東~東の季節風が吹く乾季は島の西側(クタ側)がオフショアとなりコンディションが整います。
逆に西まじりの季節風が吹く雨季は島の東側(サヌール側)がオフショアとなり、頻繁にスコールを伴います。
バリでは潮まわりと潮位を知る必要があります。
全体的にリーフボトムのブレイクが多い上、バリが赤道近くに位置するために潮が大きく動くからです。
確実にウネリが入ってくるのは大潮まわりの時です。
この時は確実にサイズがアップし、特に6月を中心とする乾季の大潮まわりの時は10フィートに達するジャイアントスウェルが入ることもあります。
サーフショップなどにはバリの潮見表がおいてあるので、まずこの潮見表を手にいれることをおすすめします。
また、シャローなリーフブレイクを攻める場合は、リーフブーツを履いていった方がよいでしょう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。