サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆サーフィン小物


ボード、ウェットなどは用意ができた!!
後用意したほうがいい小物やあったら便利な小物などを紹介します。


○デッキパッド

サーフボードに立った時に足が滑らないように貼るデッキパッドです。
テイクオフ時の必須アイテムです。
ビギナーの方は後ろ足の乗せる位置の目安にもなります。
デザインなどもいろいろあり、自分のサーフボードに合うゴキゲンなデザインを探してください。

デッキパッドを探す


○リーシュコード

サーフィンをする上で命綱とも言うべきリーシュコード
まだ使えるから大丈夫と思いがちですが、切れてボードが流れたら自分の命も危険ですが、流れたボードが人に当たったら一大事ですね。
早めの交換を心掛けて、安全で安心なサーフィンをするために必須です。
特にタイフーンシーズン前にはよーくチェックしたほうが良いですよ。
アウトから泳いで帰るのは大変ですから、、、

リーシュコードを探す


○ワックス(ケース、ワックス落とし、リムーバーなど)

なぜ、塗るのか?それは滑らないためです。
海水温度にあっていないサーフワックスはグリップが悪くて滑ってしまうこともあります。
それ程、サーフワックスとは重要なサーフィン用品です。
サーフワックスの使い道で、もうひとつあるのが、レール部分へ塗布です。
レール部分にサーフワックスを塗ることにより、大きい波の時のドルフィン時に手が滑らなくなります。

ワックスを探す


○ボードケース

サーフボードは非常にデリケートな物なので、持ち運びの際(たとえ車でも)ボードケースに入れて大切に扱ってあげたいですね。
ボードケースは種類によって使い道はさまざまで、車に乗せるのならニットケースで十分ですが、電車や船などに乗せるには丈夫なハードケースが必要になってきます。
サーフボードの保護はもちろんですが、ボードに付いているフィンなどで周りの人に迷惑をかけないよう、乗り物などに乗るときはしっかりとボードケースに入れることがサーファーとしての最低限のマナーです。


○ポリタンク

ポイントによってはシャワーがない場所が、、、というよりほとんどのポイントにはシャワーがありません。
なので水は自分でポリタンクに入れて持っていくことになります。
10~20リッターくらいのものでしたら持ち上げてかぶることができますが、電動のシャワーもあります(結構便利ですよ)

ポリタンクを探す


○ポンチョ

男性というより主に女性のサーファーに人気があります。
タオル地でできているポンチョでしたらタオルも要らないかも、、、
経験上冬場の着替えは男性でもポンチョあると着替えがとても楽です!

ポンチョを探す


○ブーツ&グローブ&ヘッドキャップ

セミドライを着る季節になると、海水がかなり冷たくなっているので、ブーツも必要になってきます。


○時計

タイドテーブル付の便利な時計もあります。
朝一仕事前にサーフィンする方は必須アイテムですね、、、

時計を探す


○ボードスタンド(ボード置き)

部屋の中に飾るための物と、ワックスアップするときに使う物と種類はたくさんあります。
ロングボードダーはあるとワックスアップが大変楽になるので車に積んでおくと便利です。

ボードスタンドを探す


○ウェットバッグ&バケツ

使用して濡れたウェットスーツを入れて運べるバッグ
やわらかい素材でできているバケツなどあると非常に便利です

ウェットバッグ&バケツを探す



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。