サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



○ボードケース

サーフボードは非常にデリケートな物なので、持ち運びの際(たとえ車でも)ボードケースに入れて大切に扱ってあげたいですね。

1.ニットケース
  ボードケースの中で最も薄手で、簡単なケースです。
  サーフボードを車内に積む時にワックスなどでシートが汚れることを防イでくれます。
  大切なボードを日焼けからも守ってくれます。
  素材はパイル地などで出来ていて、どんな形のボードにもフィットします。
  薄い生地のため乱暴に扱うと、ケースの中のボードが壊れることもあるので取扱いは丁寧にしてください。

2.ハードケース

  1本のボードを持ってサーフトリップに行くならこのケースです。
  ケースに使われてる生地はウレタンなどを使い、とても厚く丈夫にできていて大切なサーフボードを守ってくれます。
  手提げでも、肩でも持てるとても便利なケースです。
  エアパックを巻いてこのハードケースに入れれば、飛行機での移動もまったく心配ありません。
  
3.トラベルケース(トラベル用で数本入ります)

  複数のサーフボードを収納できる大型で、すき間にウエットスーツや衣類なども入ってしまいます!
  海外はもちろん、国内でも多くボードを持っていくときに使えます。
  もちろん飛行機に乗せるときは、エアパックなどでしっかりと梱包が必要になります。
  取り外し可能のフィンの場合は外してから収納すれば、クラッシュを防げます。
  サイズはショートボードからロングボードまで、さまざまなサイズ、カラーがあります。
  
ボードケースは種類によって使い道はさまざまで、車に乗せるのならニットケースで十分ですが、電車や船などに乗せるには丈夫なハードケースが必要になってきます。
サーフボードの保護はもちろんですが、ボードに付いているフィンなどで周りの人に迷惑をかけないよう、乗り物などに乗るときはしっかりとボードケースに入れることがサーファーとしての最低限のマナーです。


ボードケースを探す


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。