サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆サーフボード各部の名前


■アウトライン

サーフボード全体の形のことです。

■レングス

ノーズからテールまでの長さのことです。
ボードを注文するとき、この長さをまず決める必要があります。
この長さは、身長・体重を考慮し決められます。



■ノーズ

サーフボードの先端の部分です。
ノーズの幅や厚みを変えることで、動きやスピードなどが変わってきます。



■テール

サーフボードの末端の部分です。
テールには様々な形があり、それによって動きが変わってきます。



■レール

サーフボードの側面の部分です。
レールはターンをする時に水の中に入る大切な部分で、ボキシー(厚いレール)にすれば、水に対する反発力が増し、加速、反応がよくなります。
また反対にテーパー(薄いレール)にすれば、水が反発しにくいので、レールが入りやすく、細かいターンがしやすくなります。




■ワイド

サーフボードの幅のことです。
幅を広くすると浮力が増し安定感が得られ、反対に細くすると素早い切り返しなどが可能になります。




■シックネス

サーフボードの中央部分の厚みのことです。
厚くすれば浮力が増し、よく走ります。
反対に薄くすると浮力がなくなり、スピードが出にくくなります。




■ロッカー

サーフボードの反りのことです。
「ロッカーが強い」と言えば反りが傾斜が強く、「ロッカーが弱い」と言えば、反りの傾斜が弱いことです。




■ボトム

サーフボードの裏(水が流れる部分)のことです。
サーフボードでとても大切な部分です。
ボトムには様々な溝のようなものが施してあります。
その溝には、スピード重視など様々な種類があり、種類によってスピードや回転性(ボードを左右に動かすこと)などが変わってきます。




■ストリンガー

サーフボードの中心に入った木のことです。
強度やボードの変形を防ぐためにあります。
通常のボードには1本だが、ロングボードには3本入ってるものもあり、それにより強度や安定感が増します。



■リーシュカップ

リーシュ(流れ止め)を付ける部分です。
プラスチックの丸いもの(写真)や、ロービング(樹脂+グラスファイバー)でできているタイプがあるが、形が違うだけで使用目的は同じです。



■フィン

サーフボードをコントロールする舵です。
昔のフィンは1本(シングルフィン)だったが、時代とともに変化していき、フィンは2本(ツインフィン)になり、そして今は、3本(トライフィン)のフィンが主流です。
取り外し可能なものが多いです(FCSなど)。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。