サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆サーフボードをオーダーする前に参考として、、、


サーフボードをオーダーする時、どんなところに気をつけていますか?
長さ・幅・厚み・ロッカー(ノーズ・テール)レール、、、


ボードの性能は多くの要素が決め手になります。
バランスがとても大切なので、それぞれがからみあって『マジックボード』はできあがるのです。


サーフボードをオーダーする時にそれぞれの役割をしっかり認識することでより理想のマジックボードに近づいていきます。


サーフボードは『ロッカー』だけでも『アウトライン』だけでもなく、トータルバランスです。


しっかり基本を理解してオーダーしてみては、、、


初めてオーダーする方はゆっくり読んでくださいね。


「知ってるよ」というかたは再確認を!!


■長さについて


<長い板>
直進性が優れる
テイクオフが早くなる
回転の半径がでかい
ビギナー向け
デカイ波向け

<短い板>
ターンの半径が小さくなる
小回りが効く
中上級者向け
小波向け


■幅について・・・

幅は浮力や安定性・回転性に影響を与える

<広い>
安定感がでる
回転性が落ちる

<狭い>
不安定である
回転性が高い

最大幅が、ノーズ側かテール側かにもよって違いがでてくる。

<最大幅がノーズ>
ターンが長くなる。大きな波に向いている。

<最大幅が中央>
ターンは長くも、短くもなる

<最大幅がテール> 短いクイックターンが可能になる。


■ロッカーについて

ロッカーはサーフボードの性能を決める最も重要な部分です。
だからといってそれがすべてではないです
あくまでもトータルバランスです!

<ノーズロッカー>
テイクオフ時にパーリングすることを防ぐ(掘れた波に向いている)

<テールロッカー>
回転性を良くする

<強めのロッカー>

・メリット
回転性に優れる
小さな半径のターンがしやすい
パーリングしにくい

・デメリット
安定感にかける
パドリングしにくくなる
テイクオフが遅くなる

<弱いロッカー>

・メリット
パドリングしやすい
テイクオフが早い

・デメリット
パーリングしやすい
回転性が劣る

※短いサーフボードはロッカーは弱めでOK
※スタンスによってもロッカーの強弱は変える必要があります


■厚みについて

厚みは浮力に影響を与えます。

<ノーズ付近が厚い>
パドリングがしやすい
テイクオフが早い
早いターンがしにくい

<中央付近が厚い(ノーズ・テールが薄い)>
上級者向け
不安定
動かしやすい

<テール側が厚い>
小波向け
パドリングしやすい
テイクオフしやすい


■レールについて

<厚め>

・ メリット
浮力が大きいためスピードがつけやすい
しっかりとした体重移動の練習が出来る
初心者向け

・デメリット
レールを食い込ませるターンがしにくい
半径の小さなターンがしにくい

<薄め>

・メリット
レールを波に食い込みやすい
ターンしやすい

・デメリット
スピードをつけにくい
安定感にかける


※中級レベルでもたまには、初心に帰って厚めのレールのボードに乗ってみて確認を!
そして、しっかりとした体重移動を思い出すことが大切です。


■アウトラインについて

<細長い感じの板>
大きなターンをする場合や大きな波のときに向いています
<丸っこい感じの板>
回転性に優れます。
小さい波やクイックネスを求めるサーファーに向いています



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。