サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆ウェットスーツの素材



ウエットの素材や技術はまさに日進月歩です。
新素材のあったかウェットスーツを手にすると思わずお財布と相談、、、なんてことにもなるかも?!
メーカーごとに呼び名が違うためシロウトには解りにくいウエットスーツのウワサの新素材など一挙に紹介します!

●SCS

ここ数年冬用ウエットの裏地素材としてすっかり定着しつつあるSCS
これは「スーパーコンポジットスキン」の略です。
アルミ粉でコーティングされた銀色のツルっとした面が特徴です。

★保温効果が高い

そもそもウエットスーツは、セミドライであっても簡易防水のみ、つまり多少は水がウエットの中に入ってきます。
その水を体温で暖めて体を冷やさないようにする仕組みになっています。
SCSは体とウエットの間の隙間をうめて効率よく水を暖める事ができる素材で
例えるなら魔法瓶のお湯が冷えにくいのと同じような原理です!
比較的水温の高い地域では、冬でも裏地がSCSならばセミドライでなくても(いわゆるジャージ素材であっても)冬を乗り切ることができます。

★着替えやすい

また中に水が入るとツルツルして滑りもよいので着替えもずいぶんと楽になるのもSCSの特徴ですね。



●HCS

SCSのより進化した素材です。
SCSに比べてさらに伸びが良くなっているのが特徴です。



●スーパーGDX

SCSのセラミック含有量を増やす事によって、より保温効果を高めた素材です。
セラミック素材は遠赤外線を放出するのでSCSのツルツル感にあったかさが加わった素材です。



●サーモメタル

ステンレス粉をコーティングする事で蓄熱・反射を強めて保温効果を高めた素材です。
仕組みはSCSと同じです。



●ホットカプセル

フリースのように肌ざわりが良く暖かいのが特徴の起毛素材です。
ウェットよりもラッシュの裏地に使われているのをよく見かけますね。
ライクラ素材のものとは比べものにならないくらい暖かいので水温の低い時期に海に入るには必需品です。
値段はやはりふつうのラッシュよりも高めになりますが、その分充分保温効果があるのでおすすめしたいですね。
MMIのインナーと重ね着すれば動きやすく、しかも暖かいのでセミドライなしでもかなりイケますよ!



●サーマルスキン

アメリカで開発され世界中のサーファー、ボーダーに愛用されている素材です。
ラッシュガードに用いられており、生地の厚さに種類があります。
裏地がSCSのウエットの下に着ると水が入ってきた時にウエットが「滑る」ような感覚を防いでくれるのでSCSウエットを着ている人には特におすすめですね。



●アモルファス

アモルファスという金属が使われている起毛素材です。
肌触りがよく体温上昇・発熱・防菌・防臭など様々な効果があり素材のなかでは高級ですがあったか素材です。



●センシア

液状のセラミックを生地に混ぜ込んであり生地自体が遠赤外線を放出する仕組みの起毛素材です。



●ファーベストファイバー

スーパーファーベストと呼ばれることもあります。
センシアと同じく遠赤外線を放出するセラミック練混み糸から作られています。
身体の奥までこの遠赤外線が届くので保温効果が高い素材ですね。



●ソーラーファイバー

蓄熱効果のある素材を編み込み同時に伸縮性も高めた素材です。
スーパーウォームという商品名もあります。



●ウォーリアーズ

かなり軽いことで人気のある起毛素材です。



●エアパイル

撥水効果の高い起毛素材です。
軽いのも魅力ですね。



●サーモグラス

伸縮性の高い起毛素材です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。