サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆ウェットスーツの種類



■ドライ・セミドライ   

海水温 10℃以下  
厚さ3㍉~5㍉
サーフィンでは最高の防寒スーツです
お値段もそれなり・・・9万~は覚悟してください。
ファスナーも2重コイル(コイルジップ)のものが多いです。
生地もラバー製でほとんどがクロです。
カッコよりも寒さ対策優先の一着ですね。


■フルスーツ

海水温10~20℃
厚さ 2㍉~5㍉ 基本的に一番使う期間が長いです。
必ず持っていたい必須のウェットスーツです。
ジャージ素材のものが多くデザインも豊富です
なかでももっとも多いのはオール3mmです。
次に5mmと3mmの組み合わせですね。
ボディが5mmで腕が3mmなど、、、
季節によってはALL2mmも動きやすくてGOOD!です


■シーガル

海水温 15℃~
厚さ2㍉~3㍉
まだまだ海水は冷たいけれど外気温が暖かい時などに使います。
一般的にGW位から夏にかけて使用します。


■ロングスリーブ・スプリング

海水温15℃~
厚さ1㍉~3㍉
まだまだ水は温かいけど、風が冷たい時期などに使用します
秋口が一番使用頻度が高いですね。


■スプリング

海水温20℃~
1㍉~3㍉
基本的に夏場に着用します。
夏は裸で入るよりこっちのほうが肩が日焼けしてシャツが着れない、、、なんてことがないから、オススメですね。
真夏の朝一も結構寒かったりするので良く使います。
オール2mmが一般的です。


■ショートジョン

海水温20℃~
厚さ1㍉~3㍉
スプリングのランニングタイプ。
基本的に夏真っ盛りのときに使います。
状況に応じて長袖や半そでのタッパーを着たりして使い方いろいろ。
波待ちのときコシが冷えなくてオススメです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。