サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


●ニューヨーク・ロングアイランド




北大西洋に開けたコーストラインが数百kmも続き、サーフィン可能なポイントが点在しているロングアイランド
特徴としては、南側はシフトしやすいサンドバーと突堤によるブレイク、北側はカリフォルニアで見られるようなリーフブレイクやポイントブレイク。
アメリカ西海岸で見られるようなクリーンなグランドスウェルがもたらされることもあり、特に北に位置するモントークはグッドウエイブがブレイクする人気ポイントとなっています。
シーズンは春先~晩秋だが、季節の変わり目である6~7月やハリケーンシーズンである9~10月は、ビッグコンディションになることもあります。
1~2月にかけての冬のストームもファンウエイブを届け、混雑とは無縁のコンディションとなるが、水温がかなり低く、サーフィンするのは厳しい時期です。
ベストウインドは、ロングアイランドの中部と北部で北~北西の風、ロッカウェイエリアでは北東の風となります。
ウネリの入ってくる向きとタイドはブレイクにかなり影響するので、タイドテーブルを近くのサーフショップで手に入れることをおすすめします。
政府や個人所有の土地があり、アクセス不可能となっているポイントがあるので、行動はポイントのことを熟知している人と共にした方が良いでしょう。
ホテルの前にスポットが残されていることもあるので、この辺のホテルに泊まった際にはチェックしてみるのも良いでしょう。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。