サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆モロッコ


モロッコは、地中海側で波が立つこともあるが、基本的に4つのサーフエリアに分けることができます。
まず1つはタンガーからラバットの北約30kmの所に位置するケニトラまでの北部です。
北部エリアはモロッコでもあまり知られていませが、南部ほどコンスタントに波があるわけではありません
ケニトラからララチェへハイウェイが開通したことで、新たなポイントが見つかりつつあるようです。
ビーチブレイクがほとんどでリーフブレイクはあまりありませんが、リバーマウスがあるところではサンドバーが形成され、ファンウエイブにありつける可能性が高いです。
2つめはケニトラからサフィへ至る中央部です。
中央部エリアはモロッコでも最も混雑している地域です。
ですが日本のようではなく、コサからラバットの1番混み合うエリアでもローカルサーファーの数はしれています。
この辺りの海岸線は凹凸が激しく、岩だらけであるため、アクセスは困難である場合が多いです。
モロッコ全体としては海岸線は主に平たんで、整備されたハイウェイが広がっているため、簡単に移動ができ、ポイントチェックも容易です。
そして3つめにサフィからアガディールにまたがるエリアがあります。
近年トラベルサーファーによって開拓が着々と進んでいますが、このエリアにはまだまだポテンシャルの高い波が未開のまま残されています。
タガゾウト地区だけは例外で、特に冬場はその地区内にあるアンカーポイントは混雑を極めることも多いです。
最後は砂漠地帯が広がるエリアです。
この辺りは砂漠が外側に向かって曲がりながら延びて北に突き出していて、最大で20フィートまで大きなウネリを拾いますが、気候的には風を伴った乾燥した状態です。
この辺りの波はヨーロッパの低気圧によるもので、南西から豊富なウネリが届きます。
冬場の1番の避寒地はサフィからアガディールにかけてのエリアで、海岸線の向きが他と異なり多少湾曲しているため、広範囲にウネリを拾い毎日サーフィンできます。
北部と中央部は冬の時期は波が大きくなりすぎてしまい、周りが囲まれた数ヶ所のスポットを除いてサーフィンは不可能となる上、サーフィンできるポイントでもラフなコンディションになります。
春や秋にこれらのエリアを訪れるのなら、いい波にありつける可能性大です。
基本的に波が小さい、風が強い、とても暑いなどの理由から夏は避けたほうがよいでしょう。


☆メモ

アラビアンタイプのトイレでは紙が常備されていません。
左手で拭くのが習慣です。
それがダメな人は常にティッシュを持ち歩いてください。
食べ物はスパイシーなものが多いです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。