サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆インド



インドはサーフィンに関して決してポピュラーとはいえませんが、その地理的特徴からインド洋からのウネリが届き、エクセレントなブレイクを見せるエリアです。
中でも知られているのがカルタナカ州の南部に位置する観光用リゾート地、マラワンテです。
ここは基本的に南よりのウネリで平均カタ~アタマくらいの波が立ち、東よりの風がオフショアです。
現在、着々と環境の整備・開発が進んでいるので、注目のサーフスポットです。
インド本土はスリランカとほぼ同様の地理的条件を備えている地域もあり、他にサーフィン可能となるスポットが多数存在しますが、情報が少ないために訪れるサーファーも少なく、ポイントの位置、波の特徴などについては未知な部分が多いです。
インド本土から遠く東に離れたインドネシアの近く、アンダマン諸島でもサーフィンは可能です。
最近リゾート化しつつあるが、それも全体の中ではほんのごく一部です。
インドの中で最も人の手が加えられていない未開の地域で、まだ誰も乗ったことのないヴァージンウェーブが多く存在しています。
波はパワフルでパーフェクトなリーフブレイクが特徴です。
インドネシアに近いという地理的条件から、クオリティーはメンタワイなどの波をイメージするとわかりやすいでしょう。
アベレージサイズが4~8フィートで、最大は12フィートまで、、、
中級者ならなんとかOKだが、初級者にはキビしいエリアです。
アクセスは、カルカッタとマドラスから南アンダマンにある島の中心地、ボートブレアへ飛行機の乗り入れがあり、連絡便も就航しています。
このボートブレアは他の島へ行くための足場ともなっています。
ただし、サーフポイントがボートブレアから離れており、近くに町もなければ人もあまりいないため、現状ではワイルドなハードコアサーファーオンリーのエリアですね。
アンダマン諸島の南に位置するニコバル諸島でもパーフェクトな波がブレイクし、サーフィンは可能です。
他にまだ数多くのポイントが存在するが、情報が少ないためにグッドウエイブをゲットするにはかなりの情報収集能力と行動力が必要です。
ニコバル諸島の中には津波被害の直後、救援物資をヘリコプターで降ろそうとしたインド空軍に向かって、原住民が弓矢でヘリコプターを追い払ったというほどの未開地です。




☆メモ
宗教的理由などから様々な点で日本や西洋諸国と慣習が異なります。
インドでは「郷に入っては郷に従え」を基本としてください。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。