サーファー soul 69 がサーファーのために楽しいサーフィンライフのすすめ、波情報、その他のお役立ち情報を配信しています。メンズサーファー、レディースサーファー、初心者からベテランサーファーまで海とサーフィンが大好きな人は全員集合!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

サーファーサイト(SURFERSITE) TOPページ



★サーファーサイトマップ★

◆サーフポイント情報
◆サーフボード
◆ウェットスーツ
◆サーフミュージック
◆その他の小物など
◆豆知識など



Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンショアの波のコンディションでのサーフィン

海のコンディションは、常に良いとは限りませんね
特にサーフィンする時間が限られている週末サーファーなどは
風でフェイスが乱れたオンショアやサイドショアの日も多いことでしょう
しかしテーマを決めて練習すれば意外に楽しめます

まずポイントとしてスープから離れない

オンショアで波のフェイスがひどい場
一見すると楽しめなさそうに見えますが
実はボードコントロールの練習には最適なコンディションです

オンショアではショルダーが続かず
波のパワーが途切れがちです
そのため、波のパワーゾーンがどこかを常に探しながら乗ることが基本になります
しかしオンショア時は基本的に波が前に潰された状態なので
前に押してくれるパワーは充分あります

特に波のサイズが大きめのときのサーフィンでは
ライディングの途中で波がスープになっても前脚荷重を基本に
ボードの上でしゃがむ様に低重心を保ってみよう
波のフェイスがどんどん形成され、
さらに岸近くまで乗れる可能性もあります

サーフィン中気をつける事はボードを止めないこと

波のサイズが小さめでパワーが無く
ショルダーでボードが止まりそうなとき
パンピング(ノーズを上下させること)をしながら緩慢なセクションを繋いでみよう
パンピングするときは、波がホレているトップ部分を中心に力強くすることで
スピードが出しやすい場所まで乗り繋ぐこともできます
とにかくボードの動きを止めなことが大切です

サーフィン中スピードを殺さないようにするためには
両足を置く位置を変えてみる
両足ごと前の方にずらしたり
前足の位置はそのままで後足だけを前に置いてみたりすると
足の位置によって直進性が大きく変わることに気付くはずです
このため、サーフワックスは広範囲に塗っておくのが理想的です

後足の位置をずらすことで
ボードの回転性が変化することにも気付くでしょう
足をテール寄りに置くほど、サーフボードの回転性は高まります

足の位置をずらした状態でもパンピングを続けたり
重心の高さを変えてみるなど
積極的にボードコントロールの練習を心がけて・・・

オンショアやバッド・コンディションでも
サーフィンをそれなりに楽しむことが上達には大切です

これから待ちに待ったサーフィンシーズンに
突入するポイントも多いと思います
オンショアコンディションでも課題を決めて
サーフィンすることで上達も早くなることでしょう


スポンサーサイト
サーフィンのテクニックのなかで
クローズアウト・セクションに対して有効な技のひとつ


大きく分類すると
ローラーコースター系に属するサーフィンのテクニックです

崩れてきた波のリップの上を走り抜けるフローターと違い
崩れてきた波のリップの側面にあたるカールに沿うように
アプローチすることが重要です

崩れてくる波のリップに正確にタイミングを合わせる
しっかりとしたボトムターンを身につけていなければ
完璧にメイクできないサーフィンテクニックです

最近ではこのサーフィンテクニックのロールインを応用して
さまざまな技が編み出されています

ロールインから激しくサーフボードのテールを蹴りこみ
サーフボードのテールをルースさせるテールスライドや
そのままサーフボードを540°回転させるリバースなどはそのよい例です

最近みたサーフィンDVDでは
ジョシュ・カーのロールインからのリバースにはど肝を抜かれました

サーフィンのテクニックもだんだん凄まじいものになっていきます


どんな技であっても地道に繰り返し
自分なりに極めることによって
その可能性は無限に広がっていくんですね






ここ数日はサーフィンどころでないくらいの爆風、、、

台風並みに発達する低気圧の影響で
ホームのサーフィンポイントは
グチャ×2

西風を交わしサーフィン可能なポイントもあるのですが
ブーツにグローブは必須でした

本日は
久々無風面ツル
サイズはセット胸
汐の時間しだいではまあまあのコンディションではないかと、、、

サクっとサーフィンしておきました
水は冷たいが
風がないだけ結構ましでした

これからまた冬型になりそうなので
しばらくノーサーフかな!?

春はもうそこまで来ています
今しばらくの辛抱だな・・・





ブラジル「フェルナンドデハロンハ」にて開催された
ASP WQS 5-Star PRIME「Hang Loose Pro」
このサーフィンコンテストで
“MAR"こと日本の「大野修聖」が17位に入り
WQSランクでも32位の好位置につけたそうです

「Hang Loose Pro」は
大野マーにとって今年のファーストイベントなので
WCTクォリファイを目指す彼にとって
幸先の良い好スタートだ!! 

2007年のWQSツアーを終了した時点で
2006年のWQSツアーランキングよりも大きく降格!
しかし、2007年ツアー終了後にこう言っていました!
「リザルトには現れてはいないが、2007年のツアーを終え、すべてにおいてWCTの扉を叩くための準備がようやく整った」

早くから日本を飛び出して世界を目指してきた大野修聖が
ようやく世界に近いところまで昇ってきました!
異国の地で戦っている大野修聖や
彼と共に世界を目指している日本のサムライサーファーたちにエールを!

ガンバレよ~!! 





全国的にもしばらくの間は
冬型の気圧配置・・・

僕のホームポイントも
雪こそ降らないが
かなり冷えてきました

こんな時期はサーフィンするというか
昨日今日はチェックにも行ってません

なので
サーフィンのイメージを
膨らませるために
DVDとかスケボーで
イメトレです・・・

春に向けて
サーフィンで使う筋肉や
体の柔軟を
保っておかねばなりません

いきなり波が出たときに
撃沈されないために・・・

毎年
春先のビッグデイには
体がついていかず
撃沈されてますから・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。